歌詞

涙のあとに

小松未歩

作詞
小松未歩
作曲
小松未歩

疲れた肩をガクリ落とす

ひとりの部屋で

なぜ こんな下手な生き方

選んでばかりいるの

輝いて見えたあの頃も

闇は深くて

千の嘘ついても追い越せない


あなたに逢えて

未来が少こし

輝き始めた気がする

ダメな自分も受け入れること

許す心を 知った


とめどなく頬をつたう涙

もう 大丈夫

今 やっとスタートラインに立つ


消えかけてた情熱の火に

風をおくって

「もう一度」と奮いたたせる

まだ 何もないけれど

笑う大人達にも

夢が もしあるのなら

腐らせず ずっと持ち続けてて


あなたと居ると

恋したように

ちっぽけなことが嬉しい

喉につかえた想いもすべて

拭い去ってくれるから


あなたに逢えて

未来がすこし

輝き始めた気がする

ダメな自分も受け入れること

許す心を 知った


涙のあとに見えたものは光射す道

この一歩を

あなたと踏み出したい

提供: うたまっぷ