歌詞

はるのきおく

小松未歩

作詞
小松未歩
作曲
小松未歩

もうここで...

行けなくなるから

卒業証書 胸に抱いて

桜並木を行く


あの頃 見てた景色

風の匂い

君と過ごした全てがここに

失くしてやっと眩しかった季節を

大事に思えるの


そう... 夢が...

淋しくなるけど

新しい住所 握りしめて

強くなると誓う


私 泣いたりしない

遠く 離れても

君との季節が 胸にあるから

不安ばかり先立つけれど

同じくらい 期待もしてる


ヒラリ 肩に桜が舞う

二人の門出を 祝うように

それじゃ またね

握手をしたら

今は ふり返りはしない


あの頃 見てた景色

風の匂い

君と過ごした全てが浮かぶ

失くしてやっと眩しかった季節を

大事に思えるの

提供: うたまっぷ