歌詞

流星

レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太

流星が昼下がりの町ただ越えてゆく

少年が指差し尋ねる

「ママ、あれは何なの」「飛行機よ」


味のないスピードのままビルからビルへと消えてしまった

説明が欲しかったの忘れてしまった


もう二度と逢えないものに溢れて

Tシャツで走った夢を見てただけのことよ

笑って 笑って


快晴にシャトルが上がって皆釘付けさ

永遠が蹴飛ばした星は

まだ誰のものでもないようさ


風のないスピードにつきブラウン管は次のニュースかな

いつまでも見たかったの忘れてしまった


もう二度と逢えないものに溢れて

Tシャツで走った夢を見てただけのことよ

笑っていて


過ぎてゆく時はいつも過ぎてゆく

かいた汗もいつか乾いてしまう

でもいつも笑って

笑っていて


味のないスピードのままビルからビルへと消えてしまった

快晴にシャトルが打ち上がって皆釘付けになっていた


もう二度と逢えないものに溢れて

Tシャツで走った夢を見てただけのことよ

笑っていて


過ぎてゆく時はいつも過ぎてゆく

記憶は色褪せてそれでもそれ頼りにして

そっと大人になる


なってゆくよ

提供: うたまっぷ