歌詞

夜の果て

Aqua Timez

作詞
太志
作曲
太志

決して急がず されど弛まず ゲーテの言葉が疲れた足を励ます

英雄たちにすら翼はなかった やはり彼らも人としてその足で歩いた

挫けること 立ち直ること 突き進むこと それら全てが命の鼓動

二度同じ花は咲かないだろう 諸行無常 次々とbeat from emotion

discoveryここは俺の情熱大陸 ハイリスク承知で邁進

奇跡はどこにも落っこちていない それは自分でここに降らせるものだろう

叩きつける様な風の中で一本の旗を持ちその重力を生きがいに感じる

踏みしめる現実 未来への挑戦状 生まれたての情熱 みなぎるモチベーション

ゆっくりと暮れてく西の空を眺める 太陽が完全に隠れる

賑やかさから独り取り残された様な気がして 天を見上げた

君の夜だけが暗いわけじゃないさ 星の光がそう教えてくれた

月光がモノクロームの理想を溶かした 目の前にある現実を動かしな

教科書から掬い上げた正しさは ここじゃあまり役に立ちそうもないな

先の尖った屁理屈もとうとう丸くなって 広い広い空に溶けて行ったしな

愛を待って動かない花になるか ボロボロの信念で転がる石になるか

俺は後者を選ぶぞ 進むためなら何回だって傷ついてあげますよ

この願いの果てに必ず太陽は昇る 不可能という果てしなさを疑って足を前に出す

苦悩の中で咲いた哲学を胸に秘め 濃い闇を切り裂く ここにある命を響かす

愚痴と行動は反比例の関係にある 言い訳を片付けて懸命を誓う

永遠を逃して この一瞬に生きる 何も怖くない 無敵のリリック

はるか彼方からやって来る風に姿で返事をしよう 堂々と生きよう

夢+行動=stay gold 螺旋階段を上り光る一生

一歩先の理想の自分を尊敬しそいつに憧れ 俺は一歩一歩 近づく

そいつは自分の力の及ぶものを 全てやり遂げていく不屈の英雄

俺にできないことがあり 俺にしかできないことがある それを磨き続ける

当たり前のこと 森が緑を営む様に 人は前を向き強く進んでく

誰かを変えようとするんじゃなく 自分が変わろうとした時 真っ暗なキャンバスに光がこぼれたんだ

強くなるために人間には 試練と弱さが用意された さぁ始めようか 強くなるんだ 不屈の同志

風 花 森 太陽 山 川 谷 嵐よ 俺は君達に教わる 机の上でよりも深く

奮い立ち 鎧を脱ぎ捨て 等身大の私は輝く 拳に忍ばせた小さな勇気一つで

提供: うたまっぷ