歌詞

未成年

Aqua Timez

作詞
太志
作曲
mayuko

ありのままの自分を見せる事ができなかった十代

いつも自分と他人を比べてた ホントは自分らしくありたい でも居場所がない

だから他人と比べた 勝つことだけが愛を手に入れるたった一つの手段だった

人より優れていないと認めてもらえない

行儀良くしていないと大人は頷いてくれない

相手の顔色を常に伺って嘘の自分を作る 知らぬ間に作り笑いだけが上手になってた

そこで手にいれたのは空っぽのスカスカの一瞬の安心感だけだった

幸せなふりをするのはもうやめにしよう 心の底から思いっ切り笑いたいんなら

その前に流すべき涙がある

あの頃俺達は たった一つの物差しで順番に並べられた

わかってくれる大人はいなかった ありのままの俺達を誰も見てはくれなかった

そうだろう 俺の愛すべき友よ

教科書の内容が理解できても 難しい問題が解けても 何かで一番になっても

人の気持ちをわかろうとしなければ 人間はただ悲しい動物になってしまう

きちんと触れ合いの中で ぶつかり合いの中で

人の冷たさを知るんだ 温もりを感じるんだ そして 気付くんだ

ありのままの自分で人と触れ合う素晴らしさを

ありのままの自分で人と向き合う素晴らしさを

ありのままの自分で人を愛する素晴らしさを

提供: うたまっぷ