歌詞

自転車

Aqua Timez

作詞
太志
作曲
太志

それはよく晴れた日の午後で広い芝生のある公園 白いペンキの塗られたベンチに座りながら

あなたは遠くを眺めて「幸せはどこまで続くの?」と呟いて瞬きの中に涙を閉じ込めた


明日のことは僕も教えてあげられない まして10年後の二人のことは

僕らが生きられるのは今この瞬間だけ だから永遠を放棄して今あなたを抱きしめる


走れ 走れ 僕の自転車 あなたを乗せてどこまでも行く

夢が夢で終わらないように「運命」のせいにしないように 青空の下花咲く丘へ僕ら進み始めた


僕の心 あなたの心 結ぶ糸をギターのように弾いて鳴らしたらどんなメロディーができるかな

しっかりと手を繋ぎながら楽しい曲を作ってゆこう 決して美しい音色でなくたっていいさ


始まりには必ず終わりが訪れる咲いた花はいつの日か散るだろう

だけど僕らは悲しい歌を歌うためだけに この世に生まれてきたわけじゃないはずだから


走れ 走れ 僕の自転車 あなたを乗せてどこまでも行く

僕らなりに描いた夢が誰かにとってばかみたいでも 僕らの夢は僕らにとって輝く真実なのです


走れ 走れ 僕の自転車 あなたを乗せてどこまでも行く

たとえ辿り着くその場所に悲しい雨が降り続けても 僕があなたを力の限り尽くし守ってみせる

提供: うたまっぷ