歌詞

ただ、在るだけ

畠山美由紀

作詞
畠山美由紀
作曲
畠山美由紀

名もなき草花たちが 風に揺られて

空に向かって 色彩り彩りのサインを送る


きれいだな ここは

東京で最後の 聖なる空き地

みどり柔らかく誰をも包む

だけどもいつまで逃げおおせるだろうか?

すぐにビルや、すぐにマンションができてしまう


ああ、こうしていると.........

私も確かにこの風の一部

名もなき草花が 教えてくれる


ほら見てごらんよ、まるで光そのものが

いくつも いくつも

丸い木の枝にキスして飛ぶ


巨きな白い夏の兆しの雲よ

どうか あなたが向かう所へと

この空間を 連れて行ってあげて


あぁ、こうしていると

私もたしかにこの世の一部

優しい草花と ただ、在るだけ

提供: うたまっぷ