歌詞

なぜだか、俺は祈ってゐた。

エレファントカシマシ

作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次

子供の頃俺は、毎日精一杯生きて、いつの日か誰かの為に

格好よく死にたいと、そればかり思って、涙流してゐた。

涙を流してた。


季節は過ぎて、いつしか俺はそんなこと忘れてゐた。


さよなら、愛しき日々よ。

さよなら、愛しき今日よ。


素直に今を生きられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。

素直に生きてゆけりゃあ。


遠くビルの向かうに、光る星に願ひをかけよう。

俺は祈った。忘れてしまった遠い遠い月日に。

俺は祈った。めぐり合ひし人々に、感謝したのさ。

なぜだか、そんな気分だった。


さよなら、愛しき今日よ。

さよなら、愛しき日々よ。


素直に今を生きられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。

素直に生きてゆけりゃあ。


丘の上にのぼって見下ろす町の景色。

なぜだか俺は祈ってゐた。

今この瞬間を。

提供: うたまっぷ