歌詞

浮世の波

THE BACK HORN

作詞
岡峰光舟
作曲
THE BACK HORN

見慣れたはずの太陽背に見慣れぬ場所を歩いてる

蔓延(はびこ)る感傷振り解くように踏みつけてた


気付けば時は過ぎ去って 今日も何処かでクダを巻く

錆び付く傷一つずつ そこらに撒き散らして


響く歌はあの日のメロディー 浮いて沈む光と影

流れ過ぎる世界に一つ小さな溜息


言葉を呑んで押し黙る 日々を越えるにはそれもいい

溢れる人動かぬ影落とし紛れるように


永久に続く浮世の波を甘く包む月夜の風

一人一人の闇にそっと小さな口笛


ああ 広がる星空 寄せては返す真実

泡沫(うたかた)の夢は波間に消えてゆくとしても


たとえ世界が僕を忘れ 心この身消えたとして

願う想いはいつかきっと届くと信じた


そして僕ら全てを抱いて

続く浮世の波を越えて

歩くよ

提供: うたまっぷ