歌詞

ともだち

綾瀬はるか

作詞
小林武史
作曲
小林武史

あたし達は終わらない

女どうしの意気盛んで

季節はいつも変わっても

あたし達ならこのままだよ


もしもこの先おちたり

悲しい痛みに耐えたり


また空が赤くなる頃に

つれない孤独があらわれ

失った季節にその手を

伸ばしてみたって 返らないよ


なぐさめにも ならないけど そばにいよう


いつもどうして勝手なの

あたしの忠告 聞きもしないで

気をつけた方がいいと

自分でいっては また落ちて行く


いつかハッピーな気持ちで

誰かのものになるなら


少しだけやけてくるけれど

あたしの分まで好きでいて

この広い世界の中でも

新しいいのちを造れるのは


おとこ以外ではあたしたちだけだから


また空が赤くなる頃に

つれない孤独が潜んでも

あたしたちの気持ちを繋ぐ

手と手を離しはしないから


強くて弱い 甘くて苦い だれもがそう

なぐさめにも ならないけど そばにいるから

提供: うたまっぷ