歌詞

ユメノセカイ

アンダーグラフ

作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人

組み込まれた時間の中で心が渇くのかな

恵まれてると言われてる時代の中で僕らは


険しくも楽しめば まるでアスレチックのような

道を歩き 恋もするのです


大人ぶる事で不安をかき消し眠る今夜は

ふいにみせた君の笑顔思い出し朝を待つ


びしょ濡れになるまでは 雨も気にしないでいいのかな

すべて置いて 自分信じて ここまで来たんだろう


サヨナラから手にした夢の世界

掴まえてまた追いかけた 色褪せぬまんま

煌めく未来がほら 両手を広げているなら

怖がらないで 飛び込むだけ


ありのままに僕が僕でいられる時は何時だろう

ありのままに君が君でいられる人は誰だろう


雨上がり 空を見た 何も変わってはいない 夕暮れが

遠く霞んで消える瞬間が 来てしまうその前に


何時からか堅く閉ざされた未来

この手の中握りしめた 鍵ちらつかして

誰もが予想などしていない 僕らの存在の証明を

限りある明日に刻んでいこう


サヨナラから手にした夢の世界

掴まえてまた追いかけた 色褪せぬまんま

煌めく未来がほら 両手を広げているから

怖がらないで 飛び込むんだ

タメイキなんて 深呼吸に変えてしまえばいいさ

提供: うたまっぷ