歌詞

それから

川江美奈子

作詞
川江美奈子
作曲
川江美奈子

海に並ぶレンガ色が

静かな景色だった頃は

休日の青空よりも

心ばかりを気にした


のぞきこんで腕からめた

背中向けて先歩いた

理由のつかない涙を

こらえてた坂の途中


色はね ただ褪せてゆくと思った

だけど、そうじゃない

わたしたち塗りかさねてるんだ

幾度も 幾度も あれから


もう泣いたりはしなくても

心の色 わかり合える

それでも迷ったときには

この坂を歩いてみよう


仕事のこと 誰かのこと

港の向こうに浮かべて

それぞれに思い馳せても

並んで見てる春凪


あのタワーの展望台は

遠くまで見えすぎるから

公園前 ホールの上

このぐらいがちょうどいい


人はね ただ諦めると思った

帰らない色を

ひとつも悲しむことないんだ

明日は 明日は 何色


色はね ただ褪せてゆくと思った

だけど、そうじゃない

わたしたち塗りかさねてるんだ

幾度も 幾度も あれから


水面に心をゆだねて

お互いの話をしよう

何も特別じゃないような今日だって

かさねてゆく

ふたりの それから

提供: うたまっぷ