歌詞

天国への翼

THE BACK HORN

作詞
松田晋二
作曲
THE BACK HORN

果てしなく続いてゆく大空に

掴みかけたあの鳥が逃げて消えてゆく


遥か遠い丘の上 寝ころんで

ぼんやりと未来なんて想像していたんだ


降り注ぐ太陽がこの空を燃やしてく

変わりゆく世界の永遠を止めて


風の中を自由に泳ぐ

千切れそうな翼はばたかせて


神様 生きてく意味は何ですか?

天国への階段を一人探していた


流星に願うよ ちっぽけな僕達が

平等に生きれる幸せな日々を


夢を見ては走り続ける

絡みついた鎖引きずったまま


世界が呼んでる「あきらめるな」

今 胸に響いてるよ


風の中を自由に泳ぐ

力強い翼を僕にくれ


日々の中を走り続ける

この命が燃え尽き果てるまで

提供: うたまっぷ