歌詞

蜃気楼

レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太

真っ直ぐに伸びた高圧線が空を切り取って

龍の巣の様な入道雲がそれを横切った

退屈に縛られた太陽は夏の日差し

迷走の足跡から伸びる影法師


ねえこの際だから単調に染め上げて


そよ風が涼しくてほら 夏の午後 風鈴が鳴いたんだ

光が眩しくて 只 君の影 足でなぞるんだ

そこに流れるのは何? 永遠なら夏の蜃気楼

全てを欲しがる事で この時を埋めてしまいたい


東名に伸びた渋滞の列が熱を張り上げて

休符の様な鳥の群れがそれを追い越した

マンネリに侵された太陽は夏の日差し

何時だって目的地は白線の外さ


ねえこの際だから単純に染め上げて


雷の音がして ほら 夏の午後 影が近づいた

夢の続きのふりして 遠くの空 宇宙が広がった

そこに流れるのは何? 永遠なら夏の蜃気楼

何も求めない事で この時を埋めてしまいたい


君の香りがして ほら

宇宙が広がって 只


そよ風が涼しくて ほら 夏の午後 風鈴が鳴いたんだ

光が眩しくて 只 君の影 足でなぞるんだ

そこに流れるのは何? 永遠なら夏の蜃気楼

全てを欲しがる事で この時を埋めてしまいたい

提供: うたまっぷ