歌詞

時よ

滴草由実

作詞
Yumi Shizukusa
作曲
Tomoo Kasahara/Yoko Blaqstone

どうしていいか わからなかった

どうすれば あなたが幸せになれるのか


時計の針が一つずつ鳴るごとに悩んだ

夜も眠れず 惨めで 出てくるのは涙だけ


時よ どうか止まって

初めて感じたの"守りたい"って

誰よりも強く願い誓った時が

涙で流れていく


何が悪いの 何が正しい

もうろうとしている 一人きりの日曜


賑わう雑踏に紛れても

がむしゃらに仕事したって

身体の中はあなたの鼓動が針を刻んでる


時よ どうか止まって

夢が夢を壊してしまいそう

誰よりも近く 共に歩いた坂道 .

夕日でにじんでいく


でもこうしてる間にも

時は時を呼んでいた

あと少しもう少しだけでいいから

一緒にいたいよ


時よ どうか止まって

まばらな希望さえも ばらばらに

これが運命だと言うの?

それなら これからは何が見えるの


時よ どうか止まって

初めて感じたの"守りたい"って

誰よりも強く願い誓った時は

涙で流れていく 嗚呼 愛しき人は 時となる・・・

提供: うたまっぷ