歌詞

店じまい

槇原敬之

作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara

撃ち合う兵士の流れ弾に

息子と同じくらいの

子供が倒れていくのを

たった今ニュースで見た

その兵士が持っていた

銃に見覚えがあった

それが自分の作ったものと

気づいて血の気が引いた


サッカーの話の途中で

眠ってしまった天使に

触れようとした手を引いた

悪魔の手のように見えて


震えてとまらない両手を

じっと見つめる

誰かの命奪うために

この手はあるんじゃない

やっとの思いで組んだ手を

額に当てて彼は祈る

「あぁ、神様どうか

彼を助けてください」


一人がやめたぐらいで

なくなるわけではないし

生きていくため仕方ないと

そういって今まで来た

銃を一つ作ればまた

銃口が向けられる者が増える

生きていくために仕方ないと

誰かの命を奪っていた


眠る息子の顔を見た

自分に今出来る事を

自分が今するべき事を

落ち着いてよく考えるんだ


まだ震える両手を

もう一度見つめる

誰かの命奪うために

この手はあるんじゃない

誰かを抱くため

誰かの幸せを祈るため そして

店をたたむために

この手はあると気付いた


そのときテレビはベッドで

包帯を巻かれたあの子を映す

誰かの命が救われることで

自分の命が救われる


まだ震える両手を

もう一度見つめる

誰かの命奪うために

この手はあるんじゃない

誰かを抱くため誰かの幸せを

祈るためにこの手はあると

忘れずに生きていくために

「あぁ、神様

私は店をたたみます」

提供: うたまっぷ