歌詞

月の石

槇原敬之

作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara

あまりにも綺麗な

今夜の月を眺めながら

どこかで飾られてある

月の石の事を思った

人間のやることは

いつも勝手で乱暴すぎる

なんでも平気で輝けぬ

場所に持ってくる


親のため 友のため

師のため

自分を支える

全てのものの為にと

決めた心で闇に飛び出した

優しきものの為に


太陽の光を借りて

道を照らす事を

奪われてもなお

黙っている月の石


街灯もない頃は

月明かりで夜を歩いた

大切な人の一大事に

潜む獣も承知で

朝を待てず飛び出した

涙涙に飛び出した

一つの心見守って

月は輝いてた


親のため 友のため

愛するもののため

自分を支える

全てのものの為に

同じ理のある命を

奪う事を愛とは呼ばない


月にウサギが居なかったんじゃない

乱暴な心におびえて

隠れていただけ


親のため 友のため

師のため

自分を支える

全てのものの為にと

決めた心で闇に飛び出した

優しきものの為に


太陽の光を借りて

道を照らす事を

奪われてもなお

黙っている月の石


いつか返してあげたいな

輝けるべきその場所へ

提供: うたまっぷ