歌詞

南十字

GOING UNDER GROUND

作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋

長い旅の記憶

真夜中を指していた時計を もとに戻してゆく

夢の群れに沿って あたたかな海へ 漕ぎ出そうとしてる


誰も答えない未来を ずっとひとりで

風のように漕いでった 無我夢中で


何度も 近づけることを それだけを思って 空を見た

未来へのことを広げたら 数えきれない


浅い闇で目をこらして描いていた図形が

胸を焦がしてゆく

波の音は去って

もうどこにも きみがいないような気がする


輝きだけが 行く手をすっと開いて

夢のように舞っていた南十字を目指した


いま見てることを頼りにしておいて ボートを漕いだ

未来へのこと広げたら 数えきれない


冷たくなったぼくの手と 同じくらいの冷たさで

いま 気配を消して頭上を行く 幽霊の雲

生まれ変わった雨粒よ すべてを抱け


忘れない声を 胸にひとつ持って

どこにでもきみを描くように進む


何度も 近づけることを それだけを思って 空を見た

未来へのことを広げたら 数えきれない


いま見てるこの世界を飛び出して 会いに行くんだ

未来へのこと広げたら 数えきれない

提供: うたまっぷ