歌詞

Story Of A Sucka MC

ZEEBRA

作詞
ZEEBRA
作曲
ZEEBRA

とあるラッパー名前はNujack ついここ最近大学に入学

それと同時に出歩く週末 デビュー遅めじゃ断れねえ誘惑

誘われたラップのライブ ちょっとだけ浮いてたTシャツのサイズ

でもOK超楽しんだ ラッパーって好き勝手な事言ってればいいんだ

ふーん なんか俺もできそう 家帰ってみて書いてみたテキトウ

結構ぽいじゃん ヨーチェケラッチョ 鏡の前で超安易な発想

会ったばっかのオタクDJに 本気だ何だってゴタク言って

作らせたオリジナル Nujack Beat それからはスタジオの週末に

買った服装は意外にハーコー さながらG Unit ばりの格好

知り合い辿ってクラブ平日 2曲ノーギャラで交渉成立

そしてライブの日 買ってきたダブルXサイズのT

キャップはヤンキース つばなら斜め マイクロフォン掴んで「ヨー みんな騒げ!」

ノーリアクション 前の方の客も奴には興味なさそう

それもそのはず全てがバイト その辺のアイドルの方がまだタイト

ほかのラッパーはインディーながら新人ながら客はみんなジャンプアラウンド

「すいません!写真とってください」ってカッコつけたら渡されたカメラ

ふ一ん 一人考えた これじゃダメだクラブなんかやめた

そして送ったデモテープ そして掴む稀なケース

メジャーレコード会社のディール プロダクション決まって ハイ マス・アピール

紙資料にはしっかり「クラブでライブ」話の筋だってずらすぜ だいぶ

そしてライブ会場 控え室ももらい マジナイス対応

バックステージですれ違ったのは この前写真撮らされた人気ラッパー

でも今日は俺の方が悪いけど頂くぜこのフロアー

鼻で笑い過ぎる怒り肩で マイクロフォン掴んで「ヨー みんな騒げ!」

反応いまいち まるで出来なかった奴に仕返し

畜生 そしてひらめいた こうなりゃあいつディスるしかねえか

そして作られたディスりソング 誹謗中傷 聞いたら引きつりそう

なんも知らねえパンピーが騒ぎだし 次第にNew Jack熱も高まりだし

それに 怒ったのはやられた方 分けわかんねえ喧嘩買わされた方

速攻アンサーソング ガンガンドロップ 食い止めたNujackのワンマンショー

「その辺でやめなさい そんなことは」プロダクションの社長が吐いた言葉

「だからもう既に手ならば打ってあるから 知り合いの方によろしく言ってあるから」

突然 クラブの裏にワゴン 全面スモークのマジ怪しい窓

さらわれたラッパーとそのクルー クラブは静かだったその冬

もちろんNujack は超ご機嫌 なんも言われないやってホッとして

歩いてたら前から声荒げ 「いたぞ!Nujack だ!よう!みんなさらえ!」

提供: うたまっぷ