歌詞

RADWIMPS

作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎

虹の始まる場所を探したんだよ

余った光をもらいに行ったよ


光ってないとね 誰も僕を見ないんだよ

分かったフリでもいいから


あの火の鳥を僕は探したんだよ

余った羽をもらいに行ったよ


でもね僕には どれも大きすぎて

求める理由(いみ)は小さすぎて


光って消えるただそれだけと知りながら 光る僕はきれいでしょう?

濁って見えた明日が晴れるその理由は もう誰にも聞かないから


いいよ僕には名前はないけど

僕が消えるときはちゃんと泣いてよ

そのとき一番眩しかった星に

僕の名前つけてほしいな


嬉しいこと 悲しいことはいつも半分子ずつなの

だからそう 最期はゼロになれるの


光って消えるただそれだけ信じながら 歌う僕はここにいるよ

作ってみせるその笑顔も愛しいから もう昨日を探さないでよ


光って消えるただそれだけと知りながら 光る僕はきれいでしょう?


だからね 痛む胸に光る種を乗せて 幸せだねって言えるまで

光ってたいの


奪って逃げるただそれだけの命なら

提供: うたまっぷ