歌詞

閉じた光

RADWIMPS

作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎

あなたにナニカ届けたくて 声だけ持って走りました

ずっとずっと遠くまで そしたらナニカ忘れました


あなたをずっと想いました 星がきれいに見えたんだ

そしたら僕は思いだした 60億回目の息をした


「生きてること」確かめたくて 呼吸を少し 止めてみた

酸素は僕を望んでいた なんとなくすごく嬉しかった


遠くから声聞こえました「頑張れ」と言っていたんだ

じゃあ誰より強くあればいい?

「誰よりも強くなればいい」と笑った時代が今

幾つもの命を奪った

閉じた瞼だけが僕の弱さを知ってたんだ


輝いたあの星も枯れ切った僕も宇宙の道草

それだけでまた明日も笑えるような気がしたんだ

降ってきたこの痛みは笑ってた僕がよこした辻褄

それだけでまた明日の僕を好きでいられる気がしたんだ


裸ラランランラランラ爛々ってな具合で生きてみたいものです

すっからかんのころんのすってんころりんちょんのポン

って名前で生まれてきたかったです(パパ)


でも諦めて僕笑いました 夢だけ置いて走りました

いやでもナニカ目指さなくちゃで 苦しい時こそ笑えだとかなんだ?


笑った友が今日も「ちょっくら死んでくるわ」と言った

そしていつものよう 僕は左手を振った「またね」


消えてった今日の友は今日生まれてきた友の辻褄

それだけでまた明日も笑えるような気がしちゃった

持ってきたこの声はこんなこと言いたくなかったかな

置いてきたあの夢はどこかで喜んでいるのかな


ごめんな


この地球(ほし)は何億の夜を越え まだ明日を見ようとする

そしたらね 僕にもね 20年目の夜を越せる気がする

嫌いになるにはもう少しで 好きになるには程遠くて


うまいことできた世界だ


それでもね 上手にね 生きて見せる僕が好きだったりした

それだけでまたいつまでも笑えるような気がしたんだ

降ってきた快楽は泣いていた僕がよこした辻褄

明日光ってた星はたしかに 僕を見ていたんだ

提供: うたまっぷ