歌詞

ただ手をあなたに伸ばして

より子。

作詞
より子
作曲
より子

ただ歌いたかった それだけだった

ただ悲しかった それだけだった

ひび皹が入ってゆく 胸の真ん中から

大きな蜘蛛の巣のように

何もかも終わってゆく夜に

冷たい躰が震えながら


それでも手を あなたに伸ばした

掠めた指先から 溢れた温かさ

黒い黒い風が この腕をもいでゆくけれど

温もりは 奪われることなく

この躰に 染みこんだ


ただ虚しさの 壁の向こう側に

いるあなたの側に 行きたかった

躰中に広がる罅が軋み始める

誰も気付くことなく

零れ落ちてゆく欠片

一人では傷口を塞ぎきれずに


それでも手を あなたに伸ばした

掠めた指先から 感じた温かさ

黒い黒い炎が この瞳を焼いてゆくけれど

あなたの姿は 燃えてゆくことなく

このココロに 灼きついた


最後にあなたの名前を呟いた

閉じてゆく呼吸を聞きながら

滲んだ瞼の裏にあなたが見えた

今虚しさの壁の向こう側へ


手をあなたに伸ばした

掴んだ指先から 溢れた温かさ

黒い黒い風が この腕をもいでゆくけれど

温もりは 奪われることなく

この躰に いつまでも 染みこんだまま


ただ手を あなたに伸ばした

この腕が千切れても 感じる温かさ

黒い黒い炎が この瞳を焼いてゆくけれど

あなたの姿は 燃えてゆくことなく

このココロに 灼きついた

提供: うたまっぷ