歌詞

Vant

より子。

作詞
より子
作曲
より子

泣き化粧の仮面をつけた旅人の道化師は

生まれた時から一度も泣いたことがありませんでした


「母親が死んだ日も平然と祈りを捧げた。アイツは人の子じゃない」

誰もがそう云いました


彼は旅に出ました

亡き母が残していった美しい顔を塗りつぶして一粒の涙を描いて

自分の涙でしか洗い流せないように

彼はこの仮面に呪いをかけました


旅の途中ある街で不思議な3人に出会いました

知恵を持つ男と力を持つ男と幼い少女


運命に導かれた4人の旅が始まりました

彼は生まれて初めて本当の仲間を見つけました


時は経ち 旅の果てに

彼は仲間を守る為に自分の身を捧げました


眩しい程青い空から 温かな雨が一粒二粒 彼の頬にこぼれ落ちてきました

見上げれば幼い少女が泣いていました


『泣かないで 僕はいつも 側にいるのだから』


彼が目を閉じた時 突然その泣き化粧が音も無く消えてゆき

そこには幸せそうに微笑んだ とても美しい人が眠っていました

閉じた瞼の渊に 一粒の涙を残して

提供: うたまっぷ