歌詞

復唱

より子。

作詞
より子
作曲
より子

握り潰されたココロを掻き毟って眠る

呼吸をするたびに胸が腫れ上がって

息も出来なくなる

でもそれをあなたは笑って言うのね

「そんなものなんでもない」と


ねえ私の何を判ってそう言うの?

あなたには一つも分からないくせに

誰にでも見える傷口ですら

あなたには見えないんだから


もうこれ以上このココロを握り潰さないで

歌も音も空も私も何もかも泣いているのに

それでもあなたは笑って言うのね

「そんなものたいしたことない」って


どれだけ私が痛いのか

あなたには一つも分からないでしょう?

真っ赤に泣き腫らしたこの目さえ

あなたには見えないんだから


自分が強いからといって

自分が耐えられる痛みは

誰でも耐えられると思ってるの?

自分が耐えられる非情な態度は

誰でも耐えられると思ってるの?

もしそう思っていたのなら今すぐ

「くたばっちまえ」


あなたがくれた言葉を今

あなたヘ一つも残らずに言ってあげるわ

あなたみたいに甲高い声で少しも失礼と思わずに笑いながら

提供: うたまっぷ