歌詞

生暖かい雨とざらついた情熱

ガゼット

作詞
流鬼
作曲
Gazette

崩れるように倒れていった被写体が忘れられない


ふらつく足を摩りあなたを待った きっと許してはくれないだろう

雨の音に紛れて聞こえる その音は私の目の前で止まった


ただ あなたには ただ あなたには

秘め事一つさえしたくないけど

わかって欲しい たった一度だけ

苦し紛れの嘘を目を瞑って 抱いて


嗚呼 このままどうにでもして その手に偽りがないなら

ポケットの中のナイフごと「私を連れて逃げてよ」

まだ止まない雨に歌うわ シャツにこびりついて消えない

錆臭い罪と罪と罪を早く洗い流してレイン


Darlyn….あなたにまとわりつく嫉妬を奪った今

あなたの胸に沈む私は唯一なの?


傘もささずに息をきらして 私を探すあなたを見つけた時

とても嬉しかった もうそれだけで…

後は言葉も交わさずその時を待つわ


アスファルトと雨のワルツを聴きながら二人抱き合って

零れそうな弱さごまかして 甘いキスに溺れていたいの

優しい情熱で溢れる あなたのその華奢な手は

いつかの約束を残し赤いサイレンに手を振る

サヨナラ 愛して止まぬ人 サヨナラ 遠ざかるあなたへ


ざらついた舌先に残る 最後のあなたを信じて

次逢うその日「雨」が降るなら あなたに傘をさすから

提供: うたまっぷ