歌詞

天体アンブレラ

アリス九號.

作詞
作曲
アリス九號.

霜月の朝日昇る 君の方はまだ夜だけど

どうか風邪をひかないように 祈って


冷たい、風が 吹いて

僕は 気持ちを 知った 自分の心を。


白夜の空で 描かれた

僕の想いは ゆら揺れて。

届けられたら そんな事

言えなくて 同じ空を 見上げた。


鮮やかな 銀世界で 募る想ひ、もう伝えたくて。

君のくれたライカを持って 飛んだ。


想ひは、風を 切って

僕は 気持ちを 知った 自分の心を。


白夜の街で 待っていた

君の想いは 真直ぐで

目は逸らさない もう二度と

ふと笑って 同じ空を 見上げた。


ヴェールが 二人を 包んで

二人は 気持ちを 知った、寒さが 心を 近付けて…


白夜の空で 描かれた

君の想いは 鮮やかで

絡めた指は 離さない

ふと笑って 同じ空を 見上げた。

提供: うたまっぷ