歌詞

花火

つばき

作詞
一色徳保
作曲
つばき

季節はずれの花火をしようぜ

震えながら 笑いながら

気休めだけど どんなに今が

悲しくたって 永遠じゃない


君が涙で描く明日は

相変わらず 頼りないから


不安な夜は そばにいよう 涙がただ止まるように

忘れていた 気持ちはここにある


分からない事ばかりと君が

迷ってしまう 探してしまう

こんなに星がきれいな夜も

あるって事を 思い出せるさ


僕が夢を描く明日も

相変わらず 頼りないけど


不安な夜は そばにいよう 涙がただ止まるように

忘れていた 気持ちはここにある


長い夜に輝く星 震える手に白い息

悲しい気持ちは 冬の空へ

季節はずれの花火をしよう 震えながら 笑いながら

優しい気持ちに 僕らなれるはずさ

提供: うたまっぷ