歌詞

華原朋美

作詞
H.U.B.
作曲
幸克哉

誰に何を言われたって もう怖くはない 歩いてゆける

籠の扉開けた鳥が 野生の風に飛び立ってく


気持ちのまま ここまで来たの

嘘だけつきたくない

余計なものは何もいらない

ひとつづつ 脱ぎ捨ててゆく


心に華 咲き誇るように

私らしくありのまま生きたい

今なら自由に笑って

すべてにやさしくなれる気がしてる

愛する華 明日に続くmy story


長い夢を見てたあとに 目覚めたみたいな 夜明けの中で

紫の光がとても キレイで泣きそうに揺れてた


街の色も 風の匂いも

一番好きな季節

誰にも見えない 羽根のブーツで

軽やかに 超えて行けそう


心に華 いつでも信じて

しゅんとしたり はしゃぎすぎたあとに

大事な答えを見つけて

私は私になれる気がしてる

愛する華 明日に続くmy story


晴れ渡る広い空が

いつだって守ってる 忘れない

歌をうたったり ときには休んで

繰り返し 羽ばたいてゆこう


心に華 咲き誇るように

私らしくありのまま生きたい

今なら自由に笑って

すべてにやさしくなれる気がしてる

そう大事な答えを見つけて

私は私になれる気がしてる

愛する華 明日に続くmy story

提供: うたまっぷ