歌詞

番茶に梅干し

THE BACK HORN

作詞
菅波栄純
作曲
THE BACK HORN

何にも始まらなかった歴史のスキマの一日

少し暑くて長かったそんな今日が終わってく


駅前アコーディオンを弾き語るジジイの音色

懐かしくて辛くなって家路を急いだんだ


蛇腹をめくるような毎日を誰もが過ごしているさって

自分に言い聞かせても何故か辛いのは自分だけだって気がする


帰る場所はいつもの薄暗いあの部屋さ 独り

産まれた町を離れて生きたい生きたいって

気が付けばいつも自分のことだけ考えてる


番茶に梅干し潰して飲んだらウマいんだぜ本当に

疲れ果てて眠る頃夜が包んでくれる


純粋なことに心惹かれてもキレイなだけじゃ役立たずさ

罪のないのは青ばかりだろう 空の青 海の青 青い春


帰る場所はいつもの薄暗いあの部屋さ 独り

産まれた町を離れて生きたい生きたいって

気が付けばいつも自分のことだけ考えてる


番茶に梅干しみたいな夕焼けが潰れて消えた

タネもしかけもありませんそれではまた明日。

提供: うたまっぷ