歌詞

砂を噛むように・・・NAMIDA

松浦亜弥

作詞
森村メラ
作曲
Joey Carbone/Kyoko Nitta

雨が 明日に向かって急ぐ足 ひきとめる

忘れ物なら 忘れたままと置いてきたのに

空が流すなみだが 時計の針と日付を

あなたと出会い過ごした日々に 心だけ還した


約束ならまだ覚えてる 去り行くモノは何故 いつも愛しい


早すぎた恋でした 傷つけあってばっかりで

涙は雨の様に 激しく止まない

あの日が手の平から遠く離れ 気付きました


現在(いま)を尋ねないでよ ほかの誰かのことも

知っているでしょ? 嘘をつくのはあまり上手じゃない


話しの合う人はいるけど 胸を動かすような気持ちになれない


早すぎた恋でしか 確かめられないものが

あるから不思議なの 今は愛おしい

記憶の中を調べ なくしたのは 貴方でした


鮮やかだった 記憶の色は 時の経過と 共に 淡く


大好きな恋でした 大好きな人でした

だけど砂を噛むように 目醒めのベルがなる

戻らなくちゃ わたしは今を歩いてるの

あなたのこと胸に抱き 笑いながら

提供: うたまっぷ