歌詞

耳鳴りがした日

岩瀬敬吾

作詞
岩瀬敬吾
作曲
岩瀬敬吾

叫ぶ大胆なソングライター

それくらいないと意味もない

誰もが掴むプライドは唄う

飴をなめて聴くぐらいでいい


乾くのを待たず着替えた

決まりも知らず好き勝手吐いた

塗りつぶしたいキライな過去を

愛せぬだけで実は泣いていた


耳鳴りがした日

それは思い上がった僕は居なくて

遠くに届きそうな日だった

急な痛みだまして気にしない事を嫌った

意味を唱えた ステータスはいなくなった


ただ横になり好きに咲いた

花眺めてる自分に浸った

あれくらいで気分は良かった

煙吐いて見つめた先に


信実は今だった

息も辛いほどくさった事は終わった

歩きづらい事はもうないさ

夕べかなり笑った

ただしたい事をしないで気にもしないなんて

日々は辛いさ

提供: うたまっぷ