歌詞

卑怯者

哀川翔

作詞
山上路夫
作曲
鈴木康博

雨が降る街をまた濡らしながら

その度に君の影 俺は捜す

卑怯者さ 何も出来ず

雨の中に 消える君を見てた

あの時今の俺なら

抱きしめ止めてたはず

"待ってくれ"そんな言葉を

雨の街でつぶやく


悪いのは君じゃない 俺の弱さ

意気がりの強さなど 役にたたぬ

メメしいのさ 過ぎたこと

別れたなら それですべて終り

今ごろ過ぎたあの日が

優しく浮かんで来る

"待ってくれ"そんな言葉を

雨の街でつぶやく


卑怯者さ 雨の街を

駈ける君の 白い足を見ていた

灯りが濡れてる舗道(みち)に

にじんでゆれている

"待ってくれ"そんな言葉を

雨の街でつぶやく

提供: うたまっぷ