歌詞

横顔

平井堅

作詞
Ken Hirai
作曲
Ken Hirai

少しずつ少しずつでいい悲しみを僕に分けてよ

震えてる遠い瞳には去って行く人が映った


こんなにも近いのに切なさが僕を縛り付けてる

泣きそうな笑顔の君が

少しでも楽になる言葉を探してた


脱ぎ捨てて何もかも繕わないで僕の前では

いつだってそのままを受け止めること誓うから


今この気持ち言葉にして伝えたら

嘘になりそうで恐い


真夜中に咲いたその花は凍えてる僕を照らした

摘みとって持ち帰れるほど簡単な恋じゃなかった


星空の帰り道「きれいね」と

無邪気にはしゃいでたね

つられて見上げたけれど

心は君の横顔だけを見つめてた


ぐしゃぐしゃに泣けばいい

思いをすべて吐き出しなよ

少しだけやせた肩抱きしめるにははかなすぎて


もう他人には譲れないと叫んでいる

君へ伸ばした腕が


独りが苦しい夜はそばで歌ってあげる

こんな自分に驚くほど愛しい


脱ぎ捨てよう何もかも

欲しい物なんて一つあればいい

君というぬくもりを手にするために生きている


今どこまでも続く広い海になって

君を包んでいたい

隣にいるよずっと

提供: うたまっぷ