歌詞

コーヒーショップで

国仲涼子

作詞
阿久悠
作曲
三木たかし

古くから学生の街だった

数々の青春を知っていた

城跡の石段に腰おろし

本を読み涙する人もいた


そんな話をしてくれる

コーヒーショップのマスターも

今はフォークのギターをひいて

時の流れを見つめてる


服装や髪型が変っても

若いこはいつの日もいいものだ


人生の悲しみや愛のこと

うち明けて誰もみな旅立った


そんな話をしてくれる

コーヒーショップのマスターの

かれた似顔絵 私は描いて

なぜか心を安めてる


そんな話をしてくれる

コーヒーショップのマスターも

今はフォークのギターをひいて

時の流れを見つめてる

提供: うたまっぷ