歌詞

孤独な太陽

CHARCOAL FILTER

作詞
大塚雄三
作曲
CHARCOAL FILTER

君はいつでも泣いてた

優しすぎる心じゃ

街の風さえ吹雪に思えて


君はいつでも待ってた

来るあてのない夜明けを

震える肩をその手でおさえて


目の前に広がるモノクロームのイメージ

真夜中に咲いてる小さな光を


見つけるんだ


闇を切り裂いて輝く孤独な太陽

誇り高き明日を知ってる

君の涙の半分は僕が流す

そんな暗いとこ今すぐ出ておいで


君を待ってる


君はいつでも叫んでた

誰も知ることのない

乾いた心の部屋の片隅で


君はいつでも探してた

鍵穴のない扉の

無くしてしまった銀色の鍵を


遮るものなんて初めからなかった

真夜中に呼んでる小さな光を


見つけるんだ


空に爛々と燃えてる孤独な太陽

最後の涙が零れ落ちる

風に吹かれて彷徨う僕らの今も

いつか遠い日の思い出になる


君を待ってる


強く望むなら感じられるのさ

一人一人の心の中輝き続ける


見つけるんだ


闇を切り裂いて輝く孤独な太陽

誇り高き明日を知ってる

君の涙の半分は僕が流す

そんな暗いとこすぐ出ておいで


空に爛々と燃えてる狐独な太陽

最後の涙が零れ落ちる

風に吹かれて彷徨う僕らの今も

いつか遠い日の思い出になる


君を待ってる

提供: うたまっぷ