歌詞

映日紅の花

椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
浮雲

「もしもし そろそろ逢ひたいな」

庭には 花菱草

何時何時 出やる 後ろの正面

振り返つて ゝ 彼の子は未だだよと


「もしもし お変はり無いですか」

庭には夏が来さう

何時何時 出やる 後ろの正面

待ち望むで ゝ 彼の子にまう良いかいと


鳥渡(ちよつと)仰いで

戸惑ひは太陽を隠す雲

置いて行かないで

空は金と朱色 互ひ違ひ


実の無い花は 枯れても永遠に愛でらるる無実の罪

蕾に成つて魅せてくれ

さあ

今日と明日を結べ


急度(きつと)祈つて

恥ぢらひが陶酔に負ける風

付いて来ないで

我は綿の混紡 互ひ違ひ


花の咲かない実は 朽ち永遠に忘らるる無骨な罰

貳ツに割つて召し上がれ

さあ

今日も明日も

御覧


実の無い花が 枯れゆき永遠の名を貰ふよ

膨むでゆく衣纏ひし此の子は誰?

妙に甘く鮮やかな実

嗚呼

哀しみ携へし子よ 眠れ

提供: うたまっぷ