歌詞

7月の夜

くるり

作詞
岸田繁
作曲
岸田繁

7月の夜散歩道で

君と30分電話で話した

やせた子猫が僕を追うんだ

子猫を連れて散歩したんだ


か細い声で泣きじゃくって

何処まで行っても

頼りなさ気にずっとついて来るんだ


こんなやさしさは夜空へ消えてゆく


子猫のためにミルクを買った

子猫夜へと消えて行ったんだ


ぬるくなったミルク

ストローで飲んだら

とても甘い甘い味がして

すぐなくなった


また君に電話をしよう

提供: うたまっぷ