歌詞

タイクツカラ

TOMOVSKY

作詞
大木知之
作曲
大木知之

ヒマとゆう言葉は

ヒマラヤがルーツで


だからヒマ過ぎると

ムヤミに無茶がしたくなる


登った事のない山に

誘われてく


なんにも無さ過ぎて

僕は変わってく

色の無い毎日を

汚しにゆく


つくって壊して

集まって離れて

そこらじゅう

生きてる印を残してく


遊園地じゃダメなんだ

スリルだけじゃ

ダメなんだ

僕がそこにいた事を

残さなきゃ


1人に飽きて

2人になって

2人に飽きて

3人になって


退屈が僕の

スイッチを押す

次々新しい場所へ


なんにも無さ過ぎて

僕は変わってく

ヒマ過ぎる毎日を

汚しにゆく


つくって壊して

集まって離れては

そこらじゅうに

僕の印を散らかしに


退屈から

退屈から

未来はつくられる

It's beautiful world!

wonderful world!


ヒマとゆう言葉は

ヒマラヤがルーツで

ヒマ過ぎると僕は

足跡残しにゆくんだ


1人に飽きて

2人になって

2人に飽きて

3人になって


それでもヒマなら

逆戻りして

まだまだダメなら

ゼロヘ


つくって壊して

あつまって離れて

ジグザグで穴ばかりの

道を歩いて


これからもいくらでも

退屈があるかぎり

そこらじゅう

生きてた印が残される

提供: うたまっぷ