歌詞

仮面

中島みゆき

作詞
中島みゆき
作曲
甲斐よしひろ

おあいにくさま 何を期待してたの

甘い慰め 無言のぬくもり

そんなに震えて 何を怯えてるの

あれはあんたの正体じゃないか

知ったことじゃない あんたの痛み

勝手に底まで 落ちぶれるがいい


羽振りの良かった時代のように

思い上がった口をききなさい

己れを知らない 子供のように

なんでもできそうな 口をききなさい


ねえ 覚えてやしないでしょう

あたし あんたが文無しだった

頃から 近くにいたのにさ

近くで 見とれていたのにさ


捨てゼリフなしじゃ 町を出られやしない

そして誰でも 内緒で戻るよ

下りの坂なら 落ちる先は海

そうさ あんたの生れた町へね

みじめな歌なんか ブルースシンガーに

くれてやるがいい 捨てちまうがいい


ぼろぼろになって 獣がむせぶ

失うものは もうなにもない

ぼろぼろになって 獣が眠る

あたしは邪険に 抱きしめる


ねえ 覚えてやしないでしょう

あたし あんたが文無しだった

頃から 近くにいたのにさ

近くで 見とれていたのにさ


ぼろぼろになって 獣がむせぶ

失うものは もうなにもない

ぼろぼろになって 獣が眠る

あたしは邪険に 抱きしめる


ねえ 覚えてやしないでしょう

あたし あんたが文無しだった

頃から 近くにいたのにさ

近くで 見とれていたのにさ

提供: うたまっぷ