歌詞

夢をみた

遊佐未森

作詞
井上妙
作曲
外間隆史

泳いでゆく 記憶を紡いで

はるか未来のほとりへ

小さな手でつくりだす夢を

まぶたの裏に描くよ


甘い孤独 闇を走る自転車

光浴びて 長い影を残して


通りすぎる風を受けながら

静かに耳をすませた

幼い頃聞いた歌声が

遠くの空に響くよ


花の香り 月の雫 集めて

瞳深く ありったけの心を

いつも映してた


あの時に見た夢を そのままで

連れ出してゆくよ

同じカーブつないで

野ばらの咲きほこった坂道を

駆け抜けてゆくよ

時の流れ感じて

望みを抱いてる


胸の鼓動 闇を走る自転車

瞳深く ありったけの心を

いつも映してた


あの時に見た夢を そのままで

連れ出してゆくよ

同じ光見つめて

ポプラ並木の続く坂道を

駆け抜けてゆくよ

時の流れ感じて

望みを抱いてる

提供: うたまっぷ