歌詞

雪溶けの前に

遊佐未森

作詞
工藤順子
作曲
中原信雄

いつか雪が降り始めて

紛れそうな言葉

いつも君は笑いながら

どんなことも許すから


やさしすぎて 寂しすぎる


いつか雪が降り積もって

今日も町を包む

どんな過ちも静かに

白く埋めてしまうけど


僕が投げた言葉だけは

どうぞまだ消さないで


やがて来る春が辛すぎたりしないように

雪溶けの前に君に謝りたい だから

降りそそぐ春が君と僕を包むように

雪溶けの前にきっと会いにゆくよ だから


高く煙突の煙が

今日も町に昇る

どんな思いさえいつかは

空に溶けてしまうけど


僕が投げた言葉だけは

どうぞまだ消さないで


やがて来る春が辛すぎたりしないように

雪溶けの前に君に謝りたい だから

降りそそぐ春が君と僕を包むように

雪溶けの前にきっと会いにゆくよ だから

提供: うたまっぷ