歌詞

暮れてゆく空は

遊佐未森

作詞
工藤順子
作曲
外間隆史

石を投げたくなって川原に下りたら

君が橋の上を自転車で過ぎて行く

追いかけたりしたら夕暮れの空に

君がそのまま吸い込まれてゆきそう


そんな気がして声を飲み込む

そんな気がして声を飲み込む


暮れてゆく空は

戻らない季節のようで

淋しいけれど

いつもきれい


橋の向こうに見える小さな鳥居の

風が吹いて草が揺れているあのあたり

子供の頃の君がひざを抱えているよ

笑いこらえじっと隠れてる


そんな気がして僕も笑った

そんな気がして僕も笑った


流れてく川は

振り向かない心のようで

淋しいけれど

いつもきれい


暮れてゆく空は

手離した言葉のようで

淋しいけれど

いつもきれい

とてもきれい

提供: うたまっぷ