歌詞

たとえば12月の夜に

GARNET CROW

作詞
Azuki Nana
作曲
Yuri Nakamura

読みかけのNEWS放りだして

賛美歌流れ出す街に出たんだ

君のいない隙間うめるような

何かさがしてたかもしれない


やっぱそうだ どんな騒がしくても

なんとなく誰かとすごすのは やりきれない


懐かしいものばかり輝いてみえる時は

新しい何処かへゆく はじまりと

君はまだあの頃のまま 無防備に歩いてますか

たとえば12月の夜に


絡まってはもつれてゆく人の

思いとかすのも人だけれど


12月は取り繕った感じがちょっと否めなく

なんだか好きになれない


アベ・マリアその意味を知らないで歌いながら

過ごしたあの日々ならもう遠い

それでも振り返っては行く先さがそうとする

たとえば12月の夜に


なくしたモノばかりが輝いてみえるのなら

新しい何処かへゆく時がきた

なぜかな その強さが 少し悲しくみえたんだ

たとえば12月の夜に

提供: うたまっぷ