歌詞

BEGINNINGS

松たか子

作詞
永山耕三
作曲
Shin

蒼い夜明けに 都会は眠って

乾いた歩道 裸足で歩いた

失くした優しさ 数えながら

なぜ 大人になってくの


夢の中で見た あの日の約束に

すれ違う季節が続く


あの空の向こう めぐり逢えたら

素直な言葉 きっと伝えられるはず

この空の下で 信じあえたら

二人きりの 朝が始まる


真夜中の海 浮かんで消えてく

遠い灯りを 並んで見ていた

柔らかな風 あなたの温もり

波の音だけ響いてる


防波堤の上 黙って目を閉じて

新しい季節を待つよ


あの空の向こう 愛しあえたら

あの日の涙 指でそっとなぞりながら

この空の下で 抱きしめていて

二人だけの 朝が始まる


あの空の向こう めぐり逢えたら

素直な言葉 きっと伝えられるはず

この空の下で 信じあえたら

二人きりの 朝を始めよう

提供: うたまっぷ