歌詞

LONELY★WILD

布袋寅泰

作詞
TOMOYASU HOTEI
作曲
TOMOYASU HOTEI

哀しいから 笑うんだろ?

街角の 天使たち

傾いた 陽の光

眩しげに 睨みつけ


アスファルトに咲く花の香り

皮ジャンのポケットにつめて

暗闇にカラスと消えてゆくLONELY WILD


きっといつの日か 孤独とも愛しあえる

影さえ捨てた奴等には 判るはずのない祈り

きっといつの日か 自分を越えられると

涙が出るほど痛いPUNK 聴くたびに信じられる


虚しいから 吠えるんだろ?

真夜中の 天使たち

宙を切る 眼差しは

天国を 夢見てる


太陽と共に昇る憂鬱

手のひらで遮りながらも

独りのベッドには戻れないLONELY WILD


きっといつの日か 誰かの腕に抱かれ

傷だらけのその心に 熱いキスの雨が降る

きっといつの日か 愛の嵐に溺れ

戦った数年間を 振り返れると信じて

生きぬいてやれ昨日と明日の間

お前はLONELY WILD

提供: うたまっぷ