歌詞

カルマ

BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけてもうひとつ落っこちた

ひとつ分の陽だまりに ひとつだけ残ってる


心臓が始まった時 嫌でも人は場所を取る

奪われない様に 守り続けてる


汚さずに保ってきた手でも 汚れて見えた

記憶を疑う前に 記憶に疑われてる


必ず僕らは出会うだろう 同じ鼓動の音を目印にして

ここに居るよ いつだって呼んでるから

くたびれた理由が 重なって揺れる時

生まれた意味を知る


存在が続く限り 仕方無いから場所を取る

ひとつ分の陽だまりに ふたつはちょっと入れない


ガラス玉ひとつ 落とされた 落ちた時 何か弾き出した

奪い取った場所で 光を浴びた


数えた足跡など 気付けば数字でしか無い

知らなきゃいけない事は どうやら1と0の間


初めて僕らは出会うだろう 同じ悲鳴の旗を目印にして

忘れないで いつだって呼んでるから

重ねた理由を二人で埋める時

約束が交わされる


鏡なんだ 僕ら互いに

それぞれのカルマを 映す為の

汚れた手と手で 触り合って

形が解る


ここに居るよ 確かに触れるよ

一人分の陽だまりに 僕らは居る


忘れないで いつだって呼んでるから 同じガラス玉の内側の方から

そうさ 必ず僕らは出会うだろう 沈めた理由に十字架を建てる時

約束は果たされる

僕らはひとつになる

提供: うたまっぷ