歌詞

Storm

Gackt

作詞
Gackt.C
作曲
Gackt.C

君の見上げたその先には一体何が映っていたの?

流れ消えてゆく雲のように冷たい風が君を連れてゆく


あの日のままの君を閉じこめた時計が鐘を鳴らし始める


時の流れは残酷すぎていつまでも僕を苦しめる

君が側で笑ってることが当たり前に思っていた…


この手を差し延べて祈り続けても触れることも出来ない君は

白い翼をそっと羽ばたかせ、ゆっくりと手を振り笑ってる


ふと気がつけば遠くに見上げた空が激しく哭いている


静かに微笑むそんな君を抱きしめてそっとキスした

そんな僅かな喜びでさえ二度と戻りはしないから


どれだけ時間が流れ過ぎても忘れることなんて出来ない

最後に見せたあの微笑みは僕の中で生き続ける

誰より君を愛したから

提供: うたまっぷ