歌詞

風花

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗/御徒町凧

帰れない世界の外で 小さく君を抱いた

静かに時は流れて 瞳を伏せる


僕たちのエデンの園に 咲き誇る林檎の花

退屈な本を畳んで その実を齧(かじ)る


ずっと探してた 愛し合う意味を

風に攫(さら)われた 哀しみの理由(わけ)を

震える長い睫毛(まつげ) ルルリラ

風花が濡らす


古びた追憶の舟は 木綿の波に沈む

はにかむ君の肩から 零(こぼ)れた雫


ずっと探してた 終わらない夜を

胸に暗れ惑う 儚き心で

途絶えた月の旋律(しらべ) ルルリラ

永遠に揺られ―――


感覚のない冷えた手で 手繰り寄せた未来は

磨硝子(すりがらす)の向こう もう色褪せた

果てなき空より舞い落ちる 綻びは堕天使のように


ずっと探してた 愛し合う意味を

やがて消えてゆく この宙(そら)の中に

潤んだ君の瞳 見果てぬ蜃気楼に

ずっと探してた 愛し合う意味を

風に攫(さら)われた 哀しみの理由を

震える長い睫毛(まつげ) ルルリラ

風花が濡らす

提供: うたまっぷ