歌詞

風景詩

海援隊

作詞
武田鉄矢
作曲
中牟田俊男

舞い上がる 鳥たちは

影を残して まっすぐ空へとかけてゆく

ベンチの隅で ぼくは

ぼくの影見つめて ひとり 動かない


あふれそうな 悲しみがあるけど

今日は心を 濡らしたくない

陽差しの中で 影が揺れるのは

悲しみが空へ 帰るから

この陽差しの中に もう少しいれば

悲しみが少し 乾くだろう


噴水の水が 背のびをする

光るしぶきを 振り撒いて

年老いた男は 煙草をくわえて

芝生の上から ながめてる


生きてる者の 影は動かない

それは悲しみが 重いからだろう

そんなに重い 影なんか

持ちたくないと ぼくは 動かない

タ暮れが来るまで ここにいよう

ぼくの影が 闇で消えるまで


あふれそうな 悲しみがあるけど

今日は心を 濡らしたくない

陽差しの中で 影が揺れるのは

悲しみが空へ 帰るから

この陽差しの中に もう少しいれば

悲しみが少し 乾くだろう

提供: うたまっぷ