歌詞

THE BACK HORN

作詞
THE BACK HORN
作曲
THE BACK HORN

俺は眠れない 女は壊れてる

響く戒厳令 雨が強くなる


俺は水銀を女に打ちこんで

アレが泣き止まぬ 雨も降り止まぬ


部屋の隅で少年の俺が笑ってる

鉄の壁と冷めてゆく景色 目を閉じる


「明日も雨降りで太陽は死にました」

ラジオ 窓の外 捨てる 眠れない


もしも全て脳が映し出すノイズなら

子供のころ見た冬の夜空 描くのさ


部屋の隅で少年の俺が笑ってる

鉄の壁と冷めてゆく景色 目を閉じる


数えきれぬ星が流れて失くしたもの見つけたよ

息をきらす 坂の途中で見上げていた空

数えきれぬ星が流れて少しだけの優しさを

握りしめたポケットの中 最期に見た夢

提供: うたまっぷ